臨床動物心理学

臨床動物心理学とは

生態・行動学などを踏まえたうえで、行動分析学における心理の働きを基に動物が行動を起こす原因を調査することで、それに至るシステムを解明することを課題とする。
臨床動物心理学は、臨床動物心理行動分析学・臨床動物心理学的生態学・臨床動物心理学的行動学の3領域に大別される。

臨床動物心理学的行動分析学

1930年代にアメリカの心理学者 Burrhus Frederic Skinner(バラス・フレデリック・スキナー)によって創始された心理学の一体系。
英語表記 behavioranalysis に、生物多様均衡性を考慮することにより、臨床的な生物の行動分析を行う。

臨床動物心理学的生態学

根本となる生態学は ①生物と環境が互いに影響を与え合う作用 を扱う学問の分野であり、現在世界的に広く流通している英語表記のecologyを考案したのは、1866年にドイツのエルンスト・ヘッケルと言うダーウィン主義生物学者である。
また、 ②各生物の分類群や生態的、形体的、地域的な区分 を主語としてこれに加えられる場合、本来の生態学と意味やニュアンスが変わり、その加えられた区分の生物自体と環境に関する動物のありさまの特徴を強く意味することが多く、臨床動物心理学的には①・②のいずれも仕組みを理解することが、人間社会の介入による生態系の変化が、生物多様性にもたらす影響を改善するためにも、欠かすことのできない重要な課題。

臨床動物心理学的行動学

動物行動学(英語表記 ethology)を主体とし、主に各種・各個体が経験や情報の蓄積(学習)を伴わない。
あるいは経験や情報を学習したうえでの行動の個性(各種・各個体等の、ある刺激(変数)に対する行動の違い)を図るために、臨床動物心理学的に利用されている。
各種・各個体固有の行動の由来を理解、考慮するためにも欠かすことのできない重要な分野。

臨床動物心理士の専門業務と職域

臨床動物心理師とは、臨床動物心理学の課題を研究することにより、野生動物や飼育下における動物の行動を改善する為に、診断・処方することにより人と動物の平和的共存を図るほか、獣医師と協議のうえ薬剤投与を検討するなど、幅広い役割を果たす。

臨床動物心理師の主な活動や専門業務内容

臨床動物心理士の資格を得る事により、獣医師や訓練師などの動物の専門家が動物に対する適切な対応が可能となる。
  • 獣医師や訓練師による各種動物への補綴から始まる生体への適切なアプローチが可能となる
  • 研究・展示動物の問題行動の改善
  • 飼育下における環境順応トレーニング
  • 犬・猫・鳥等伴侶動物の問題行動の改善
  • 生態系の改善・回復
  • 野生動物による都市、民家への侵入回避
  • 野生動物による作物への被害回避
  • その他

准臨床動物心理師の主な活動・業務内容

准臨床動物心理師とは、臨床動物心理学を学ぶことにより、臨床動物心理師範や臨床動物心理師・獣医師の処方・指示に従い、野生動物や飼育下における動物の行動を改善することにより、人と動物の平和的共存を図るなど、幅広い役割を果たす。
  • 臨床動物心理師等による臨床動物心理学的な診療の補助や処方上の世話を行う
  • 臨床動物心理師等による問診・処方・処置等診療に従事するにあたり、記録に残す義務がある
  • そのほか臨床動物心理師等の活動を補助する
  • 准臨床動物心理師の活動趣旨は、臨床動物心理師等と同意でなくてはならない
臨床動物心理師範とは、臨床動物心理師としての活動のほか、臨床動物心理師・准臨床動物心理師等の臨床動物心理学を志す学徒への指導・育成。
また、臨床動物心理学や臨床動物心理師といった内容や活動を、一般にわかりやすく説明する義務がある。

臨床動物心理士になるには

臨床動物心理士になるには、当団体の資格試験に合格することが必須要件となります。
ただし資格試験を受けるためには、あらかじめ臨床動物心理士養成に関する各教育機関での修了による受験資格の取得が必要です。

臨床動物心理士受験資格に関する指定教育機関一覧

準備中